第13回教育に関する学習会

  • 投稿日:
  • by

今回は、教育大学の高橋亜希子先生に情報提供をしていただきました。新学習指導要領の概要と海外の高校教育についての話題です。

 今回の新学習指導要領では、高校教育が大きく変わるとともに高大連携の一つとして大学入試が変わることになり、高校にとっては大きな変化になります。参加者は様々な変化に対する疑問、不安などについて議論しました。

 今回の改定は、世界で太刀打ちできる日本人を育てることが大きな課題となっています。そのために、探求型の授業やアクティブラーニング=「主体的、対話的で深い学び」などの授業を通して、自ら学び考えることが出来る人材を育てる必要があります。そこで、今回の学習会では、海外の高校ではどのように行われているのかをフィンランド、フランス、アメリカの例を写真や映像を交えて学ぶ機会となりました。

 すでに本校では「学び改革」を通して思考力、判断力、表現力を学ぶことを始めています。しかし、さらに教員が学びを深める必要があると感じています。P2040014.JPGP2040009.JPGP2040018.JPG