保護者向け学び改革入門講座

  • 投稿日:
  • by

保護者向けの学び改革入門講座を開催しました。保護者のみ対象の企画は初開催です。

本校の学び改革を知っていただくだけではなく、今、大きく変わろうとしている教育の世界についての情報を共有できればとの思いで実施しました。およそ30名の保護者の参加をいただきましたが、特徴的だったのは、その半分は中1,2年のお子さんをもつ保護者の方々だったことです。早い段階からの関心の高さが伺えます。

 藤の学び改革の解説と成果と課題、さらに来年度から進化させるICT環境についての説明を行い、「21世紀型教育の方向性について」と題して本校の学び改革のアドバイザーである前田朝輝先生より、これからの教育についてお話しいただきました。新しい大学入試の波をもろに受ける現在の中学生がどんな学びをする必要があるのかについて受け止めていただけたようです。

P9150051.JPGP9150033.JPG

8月3日、本校で行われた標記研究大会で、「藤の学び改革 Fuji Learning」について取り組みを紹介する機会をいただきました。

内容は3つ。①藤の学び改革のコンセプトと成果と課題について

        ②高大接続入試とClassiの活用(校務支援と学習支援での活用)

        ③ICTを活用した授業実践紹介(Google ClassroomをiPadで活用)

小中学校の先生方対象ですが、教育の世界が大きく変わろうとしている今、校種を超えて学び合うことはとても大事なことだと感じました。

貴重な機会をいただき有難うございました。P8030051.JPG

第16回教育に関する学習会

  • 投稿日:
  • by

 7月15日(土)、「公文公(くもんとおる)の教育哲学と学び改革」と題して、本校の学び改革を支えてくださっている前田朝輝先生(学校・教師サポートセンター主宰、前公文国際学園中学校高等学校校長、前神田女学園中学校高等学校特任副校長)に話題提供していただきました。今回は、公文国際と神田女学園からも参加があり、有意義な学習の場となりました。

今回、 「公文式」の創始者、公文公氏の教育哲学をテーマとしたのは、「公文式」が本校の学び改革でも大きなテーマとしている「独自学習(個別学習)」と共通する点があったからです。決して公文式の宣伝ではありません。なぜ、公文公が「個」に着目したかを深めると、大正新教育に辿りつきます。

個々の学力や進度に合った学びの追究。これからも続きます。P7150021.JPGP7150028.JPG

第15回教育に関する学習会

  • 投稿日:
  • by

去る5月6日、第15回目の学習会では、北海道教育大学の坂井誠亮先生に「奈良の学習法」について情報提供をいただきました。坂井先生は、奈良女子大附属小学校で勤務された経験があり、同校が追い求めている奈良の学習法の実際の学びをつくられた経験をもとにお話しいただきました。

 奈良女子大附属小学校は、「子どもたちが主体的に学ぶにはどうしたらいいか?」を100年にわたって追究してきた学校です。この学校の授業で象徴的な姿は、"子どもたちが勝手に授業をしている"ということです。これは、教師は自分の力を過信して前に出てはならないという理念や、生活即学習、学習即生活というように生活と学習が密接でなければならない、というようないくつかの学習の原理をもとに、教師集団の長い間の試行錯誤の結果つくりあげられたものであるということが大変、刺激となりました。また、児童は1年生から鍛えられているので学び方を知っている、という言葉も印象的でした。

 全国各地で様々な授業の工夫が行われているが、生徒の姿から授業の検証を繰り返し"藤女子の学習法"を作ってゆくことは大変価値のあることだ、という言葉をいただきました。

 坂井先生、ありがとうございました。

IMG_0509.JPG