的を射る

  • 投稿日:
  • by

small-IMG_0460.jpg

今年は高体連旭川支部予選会で弓道競技大会の当番校を務めています。

天候にも恵まれ、会場である花咲スポーツ公園和弓場誠心館は、8123名の弓道部の生徒たちの緊張感と熱気に包まれています。

弓道は的を射るというシンプルで一瞬で決まる競技ですが、その弓を射るプロセスは日本の文化を心と身体で実感できるスポーツのようです。この歳になって神事としても行われる弓術という世界の奥深さを改めて学んでいます。

集中力、所作、間、こころを整えるという事を若いときから鍛錬している生徒たちを目の当たりにして、うらやましくも思いました。

誰でも人生において、大切な「とき」があります。しっかりと集中して的を射なければならない瞬間です。若々しい高校生たちの可能性に満ちた将来に思いを馳せつつエールをおくる。そんな貴重な時間を過ごしています。

small-IMG_0476.jpgsmall-IMG_0496.jpg

大会も無事終わることができました。

旭川地区弓道連盟の古茂田会長さまはじめ、ご足労くださいました多くの大会関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。