小林昭文先生をお招きし、アクティブ・ラーニング研修会を行いました

10月25日(土)に、小林昭文先生を本校へお招きし、アクティブ・ラーニング研修会を行いました。

小林先生は、産業能率大学経営学部教授・河合塾教育研究開発機構研究員として全国を飛び回り、アクティブ・ラーニング型授業の紹介、普及に努められ ています。小林先生は以前、埼玉県立越ヶ谷高等学校に勤務されており、6年間にわたり、物理の授業でアクティブ・ラーニングを実践されていま した。高校教諭としての実際の体験をもとにされていますので、参加した教員の心に響く貴重なお話をうかがうことができた研修会となりました。

DSC_0014.jpg

午前の部ではアクティブ・ラーニング型の授業を実際に体験させていただきました。

これは進学校で行われていた物理の授業で、新知識習得が目的として位置づけられています。配布されたプリントには、実際の物理の計算問題が数問書かれており、グループでの学び合いをとおして最後に行われる確認テストで、全員100点満点を取得することが目標です。

DSC_0031.jpg

何分か経ったところで、学び合いがはじまります。物理の問題を解くのは高校生以来だという教員がほとんど。数十年ぶりに学生に戻った気持ちで体験することができました。一方、理科、数学科の教師は、友達に教えるように、一言ひとこと説明を考えて、丁寧にフォローにまわります。

DSC_0034 (2).jpg

「グループで協力できていますか?」という小林先生の声で、一気に学び合いは活性化。思わず身を乗り出してしまいます。

DSC_0042.jpg

校長先生にも参加していただきました。確認テストに真剣に取り組まれておられます。

DSC_0033.jpg

終了後は「振り返り」を行いました。実際にアクティブ・ラーニング型授業を体験してみて、生徒として感じたことをグループで共有します。

DSC_0062.jpg

DSC_0063.jpg


午後の部では、アクティブ・ラーニングの理論的なお話を伺いました。

従来の近代型教授法の傾向、そして知識基盤社会となった現代社会に求められている人材像、なぜアクティブ・ラーニングのような教授法がこれからの時代に必要なのかということについて、理論的に他者に説明できるようになることができました。

DSC_0071.jpg

午後の部でもグループでディスカッションする時間を設定していただき、それぞれの考えや疑問点をぶつけ合いました。ひとつの教授法を中心にし、議論するという機会は本当に貴重なものとなりました。

DSC_0081.jpg

DSC_0076.jpg

藤高の教員たちは、直接第一人者の小林先生から学んだことで、アクティブ・ラーニング理論を用いて「安心・安全な学びの場」を創造し、ひとりひとりの生徒たちの持っている力をより大きく伸ばそうと決意しました。

[小林昭文先生 ~ 授業研究AL&AL(小林先生のHatena::Diary)より)]

産業能率大学経営学部教授
河合塾教育研究開発機構研究員
日本教育大学院大学講師
河合塾コスモ名古屋講師
日本アクションラーニング協会認定シニアコーチ
元埼玉県立越ヶ谷高校教諭